All Things Must Pass: The Rise and Fall of Tower Records (2015)

(Spoiler Alert!)

音楽ファンなら必ず見るべき圧巻のタワーレコードドキュメンタリー、All things must pass。

c14be3db-s

2015年に全米で公開された本作は、アメリカの大手CDチェーン店、タワーレコードの盛衰を映し出すドキュメンタリー。1960年の第1号店出店から全米への展開や海外進出、そして業績悪化による廃業までの軌跡を関係者やアーティストのインタビューを交えてたどる。トム・ハンクスの息子で俳優のコリン・ハンクスが監督。

とにかく音楽ファンなら随所に泣けるポイント満載な良作なのだが、日本人として必見なのが最後の2分。

2006年に世界のタワレコが全て店を閉じたが、日本だけはご存知の通りビジネスを続けている。そこに創始者が訪ねに行くのだ。

創始者のRossが杖をつきながら妻と一緒に渋谷のタワレコに入り、若者が楽しそうにレコードやCDを選ぶ姿を目の当たりにする。遠く離れた異国の地で、自分が生み出したブランド、本国ではとっくに息絶えてしまったブランドがいまなお音楽シーンに影響を与えているなんて、その感慨深さは計り知れないだろう。彼の生きる支えになっていると言っても過言ではないと思う。

タワレコを支え続ける消費者が日本にいることを誇りにすら思った。

というわけでこれからはもっとタワーで音楽を買おうと決めた!

The doors are closed, but the legacy lives on.
扉は閉じられた。しかし、その心は受け継がれている。

日本版?DVDの購入はタワレコから。


22. August 2016 by Ichizo
Categories: Music & Movies | Leave a comment

旅行TIPS:レンタカーよりTuroがおすすめ(2016年8月米国)

カリフォルニアを旅行するときはほとんどの人がレンタカーで車を手配すると思う。Uberだけで旅行を乗り切るツワモノもいるかもしれないけど、車がないとどこにも行けないので、どう考えても自分で運転するほうが楽。

でもレンタカーは高価。コーポーレートディスカウントとかパッケージで借りるのではなければ一番安いコンパクトカーでも保険込で1日$80とかする。荷物も多いしSUVに乗りたいなと思うと$150超えもざら。しかも繁忙期のHertzとか、ヘタすると1時間とか待たされる。

というわけで、シェアリングエコノミー万歳ということでTuroをおすすめしたい。もともとRelay Ridesというサービスだったこのサービス、いわゆるAirBnBの車版。

612447-01a5ebd1db151e843401ceabcc8320dc81d9e5fd

カリフォルニアだと車を複数台所持している人は珍しくないので、リスティングも豊富。今回借りたのはチェロキー、ピカピカの2016年モデル。これが保険込みで1日$40で借りられた。

DSC02540

しかもロシア人のオーナーがとても親切で、僕のフライトに合わせてLAXまで車を持ってきれくれて、帰りもLAXで車をドロップできた。(受け渡し方法は人それぞれで、レンタル条件に詳細記載があるので要チェック!)

このTuro、当然借主貸主双方への保険込みで安心。自分はカリフォルニア在住時に現地の免許でアカウントを取得。その免許はすでに失効しているけど日本発行の国際免許で問題なく今回車を借りられた。

一番最初のアカウント登録時から国際免許でできるかどうかちょっとわからないのですが、米国旅行される方はもちろん、米国在住者で別の都市に行ったときに車を借りたい、という人にはTuroの登録を強くおすすめします。貸主とのコミュニケーションで若干の英語は必要になりますが、自分の好きな車に安く乗れるメリットはかなり大きいですよね。

というわけで他人から車を借りることに抵抗ない人はTuroおすすめ。個人的にはAirBnBで知らない人の家に民泊するよりはみなさん抵抗ないと思う。

旅行者はもちろん、米国内を頻繁に旅行する居住者は必携のアプリだと思います。


22. August 2016 by Ichizo
Categories: BY Region, California, USA | Leave a comment

旅行TIPS: データ通信用プリペイドSIMをLAで入手するまで(2016年8月米国)

2年ぶりに米国へ。

今回はLAとサンディエゴを訪れたのだが、欠かせないのがスマホの通信環境。Google Mapが使えないとどこにも動けないし、現地の人とも連絡できない。留学していた頃はVerizon契約でiPhoneを使っていたが当然解約してしまっているのでどうしよう、というお話。

手段としては
1.WiFiルーターを日本or米国でレンタルする
2.日本キャリアのローミングサービスを使う
3.SIMカードを買う
の大きく3つに分かれるが、個人的にWiFiルーターは好きではない。常に持ち歩かなくちゃいけないし、電源も気にしなくてはいけないので不便。ローミングサービスは法外に高いので選択肢から外れる。

というわけでSIMフリーのiPhoneで使えるSIMカードをLAXでゲットしようということに。LAXで売っているSIMカードはT-Mobileの割高のものしかないというのを事前に調べていたので、空港からすぐのCulver CityのBestBuyへ車を飛ばす。

Best Buyで優しそうなお兄さんを捕まえて、No Contract, Data OnlyでいいからLTEのプリペイドSIMカードちょうだい、できれば電波がいいAT&TかVerizonがいいな、と言ったらVerizonはオンラインじゃないと買えないらしく、AT&TのSIMを出してきてくれた。

IMG_8048

IMG_8050

AT&T GO PHONEというこのSIM。SIMキットが$5で、それに$40のチャージをしたので合計$45。これで3GB/月まではLTEでその後速度制限。電話とSMSは無制限。当然契約は必要のないプリペイドなのでパスポートもIDも必要ない。しかもBestBuyの店員がとても親切で、アクティベーションまで最後まで手伝ってくれて、iPhoneで通信ができるようになるまで付き合ってくれました。足りなくなったら$10単位でチャージ可能、当然日本からでもオンラインでチャージ可能。速度も満足。なにより、WiFiルーターとかを意識せずにいつも通りiPhoneを使えるというメリットは大きい。

というわけで、今後米国に行った時はチャージしてもいつでもこのSIMを使える(はず)ということで大満足!

というかさっさと空港でこういうSIMを買えるようにしてくれよ、といったところなのですけどね。。。わざわざCulver CityのBestBuyまで行ってSIM売り切れてたら不便極まりない。現地に知り合いがいる方は、事前に入手してもらって確保してもらうのがいいかも。

あ、SIMフリー端末じゃない、という方は素直にWiFiルーターをレンタルされるのがよいと思います。


22. August 2016 by Ichizo
Categories: BY Region, California, USA | Leave a comment

Restoran Fatty Crab / Petaling Jaya

行列必至、Petaling JayaのFatty Crabへ。
大勢でがんがん殻を割りながら食べるのが正解です。
そして行列に並んでいるとオーダーをとりにきてくれて、勝手に炒飯頼まれるけど、個人的には炒飯よりトーストのほうが正解な気がする。チリクラブのソースをべったりとつけて食べるのであります。

DSC00658

DSC00666

DSC00668

Restoran Fatty Crab
2, Jalan SS 24/13, Taman Megah, 47301 Petaling Jaya, Selangor, Malaysia


25. November 2015 by Ichizo
Categories: Malaysia | Leave a comment

Restoran Kar Heong (Subang Jaya)

チキンライス、といったらケチャップご飯でしょ、と思ってた自分であるが、大学生のときにはじめて六本木ヒルズ裏の海南鶏飯に行ってチキンライスを食べて虜になった。ヘルシーさも手伝って。

で、先日ランチに連れて行ってもらったSubangのチキンライスはピカイチだった。スチームチキンだけじゃなくローストも焼豚も美味しい。イポー発祥、シンガポール発祥、どっちなんでしょうね。

IMG_6339

IMG_6345

60, Jalan Ss14/2, Subang Jaya Klang Valley 47500
GPS: 3.0729054 , 101.5897377


17. November 2015 by Ichizo
Categories: Malaysia | Leave a comment

パリでのテロのこと

パリのテロ事件。

弔意を示し、半旗を掲げたいと思う一方で、一ヶ月前にアンカラで起きたテロには無関心で、アンカラに住む友人にメッセージを送って安否確認しただけで終わりにしていた自分の無自覚な無関心さに気づく。パリやベイルートでのテロ、シリア、イラクでの空爆とときを同じくして、韓国でデモの弾圧があり、辺野古で基地建設反対集会がある。僕は、マレーシアで筋肉痛で起床し、朝ごはん何食べようかなと考える。ムスリムの国にいても、起きたことが遠い国のことのように思える。

テロに屈しない、断固として戦うと叫ぶのは簡単だが、テロという手段を選ばざるを得なかった人々の状況の想像をなしに一方的に強い嫌悪を叫べば叫ぶほど解決には遠くなるのだろう。人は見たいものを、見たいときに、見たいようにしか見ない。パリではsolidarité = 連帯という言葉が使われているらしい。痛みを被ったときにひとつになろうとする気持ちは大切だ。しかし、連帯という言葉のもとに同じ思想の人々が固まり、違いを受け入れることが疎かになっては本末転倒だと思う。「連帯」は連なって異分子を排除することではなく、「共生」につながるものであってほしい。

自分に何ができるだろう?と考える。困っている人に手を差し伸べたい、という気持ちの発露は人それぞれの形があるだろう。何もやらなくたっていいと思う。自分はまず、違いを受け入れる知識と度量を持ちたいと思う。


14. November 2015 by Ichizo
Categories: Essay | Leave a comment

Gaya Island

サバ州コタキナバルのJesselton pointからボートで20分、ガヤ島。Tunku Abdul Rahman National Parkの一部。


06. November 2015 by Ichizo
Categories: Malaysia | Leave a comment

Singapore

10月からしばらくマレーシアに住むことになった。この機会にできる限り東南アジアを見て回ろうと思い、まずはマレー半島の先端、シンガポールに来てみた。いままで機会がなく初めて訪れた。人口当たりの富裕層の割合は現在、シンガポールが世界一だという。各種税率の低さについては言わずもがなだろう。やはり初代首相をつとめたリー・クアンユー(李光耀)の功績は大きい。多民族国家を観光、国際会議、物流中継の地として発展させた。

梶田さんに連れていっていただいたPotato Headという店がとてもよかった。バリをはじめインドネシアで仕掛けているPTTファミリーの仕事。2階がハンバーガー、3階がラウンジ、屋上にルーフトップバー。バーガーのネーミングも渋谷のウーピーゴールドバーガーを思い出させる代物で、行ってみてのお楽しみ。なにより、Y字路の又部分にあるというロケーションの存在感たるや。鎌倉のThe Bankを思い出す。


18. October 2015 by Ichizo
Categories: Singapore | Leave a comment

← Older posts